岩下尚史先生の書籍/情報

【 岩下尚史先生 の書籍/情報です。 】

國學院大學文学部卒業。
新橋演舞場株式会社入社。企画室長として、劇場創設の母体である新橋花街主催「東をどり」の制作に携わる。
幕末から平成にいたる東都の花柳界の調査研究を進め、社史『新橋と演舞場の七十年』を編纂。
同社退職後、2007年『芸者論:神々に扮することを忘れた日本人』で第20回和辻哲郎文化賞受賞。
同賞の選考委員である梅原猛は、「このように若くして老成した文章という感を強く受けたのは高橋和巳の書いたもの以来である」(『和辻哲朗文化賞20年記念誌』)と評した。

岩下尚史先生のプロフィールは 「ウィキペディア」より抜粋させていただきました。

名妓の夜咄 文春文庫 icon
750
ヒタメン 三島由紀夫が女と逢う時… icon
1,890
芸者論 花柳界の記憶 文春文庫 icon
630
芸者論 神々に扮することを忘れた日本人 icon
2,940
九十六年なんて、あっと言う間でございます 高松宮宣仁親王妃喜久子殿下との思い出 icon
1,890
見出された恋 「金閣寺」への船出 icon
1,680
名妓の資格 細書・新柳夜咄 芸者論 icon
2,730


スポンサーサイト





テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

[ 1999年01月01日 00時18分 ]
書籍&情報
| トラックバック(0) | コメント(0) | @


<<砂山拡三郎先生の書籍/情報 | ホーム | 植木理恵先生の書籍/情報>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



トラックバック
トラックバック URL
http://tomotomo214902.blog2.fc2.com/tb.php/38-714c5d6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。