太っている人は睡眠時、無呼吸症候群を疑え

■太っている人は睡眠時、無呼吸症候群を疑え!?



2010年4月6日(フジTV)放映
「危ない習慣SP&男と女のヒミツSP」について第二弾!から「7答目」

[金子哲雄先生]
常な人でも1日5回程度、睡眠中に無呼吸状態になる。
でも金子先生の場合、1日47.9回、10年以内の死亡率40%と言われた。
BMI値(脂肪の割合)が25以上だと睡眠時無呼吸症候群になりやすい。
専門医にいって確認したほうがよい。
呼吸がきちんとできないと心不全などの得善氏につながる。
金子先生の場合、舌が長くて重すぎで舌が気道を圧迫し空気が通りづらい。
その為、舌先ダイエットでソフトクリームをメロメロなめたり、舌を動かして舌をやせさせないといけない。→ ランキング


FC2 Blog Ranking





スポンサーサイト

テーマ:情報番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

[ 2013年10月01日 04時48分 ]
睡眠について
| トラックバック(0) | コメント(0) | @

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。